背中にきびと細菌


”お肌の露出も増えてきました”お肌をきちんとケアして、自慢できる背中に!!⇒⇒⇒手間はかけたくないけど、背中にきびを何とかしたい方はコチラ


皮脂や垢が毛穴に詰まってできた黒にきび や白にきび にアクネ菌が増殖すると、炎症が起きて赤く腫れてしまいます。
このアクネ菌はだれの皮膚にも存在する常在菌で嫌気性と好脂性を特徴としています。
これは、空気が少なく脂肪の多い場所を好むと言う性質の事で、毛穴が詰まって空気の流れが減少しそこに皮脂などが溜まっているとアクネ菌が増殖するのに大変好都合になると言う事です。
実際に身体の中でも皮脂の分泌量が多い場所である顔や胸、背中などはアクネ菌の菌数も多く、にきび のよくできる場所です。
特に背中は自分で見えない事と、自分で洗いにくいと言う事で大変皮脂や垢が溜まりやすく背中にきび ができやすいのです。

毛穴に皮脂や垢が詰まった状態では、皮膚を清潔に保つ事で黒にきび や白にきび が治る可能性もあるのですが、
先程も述べましたが、背中にきび の場合、自分で見えない事と自分で丁寧に洗いにくいと言う点からどうしても毛穴に詰まった皮脂や垢が酸化されてしまい炎症が広がりやすくなります。

炎症が広がると膿を持つ様になり指で触れると少し熱を持ってくる事もあり、これに加えて痛みを覚える様な場合は皮膚の深い部分に炎症が起きている可能性もあります。
この場合には皮膚の表面にできたにきびよりも治りが遅いのが普通です。
このアクネ菌の他に表皮ブドウ球菌と言う細菌もにきびの発症と進行に関係があるようです。

背中にきび は顔に比べて目立たないのですが、衣服の刺激などにより、大変治りにくい事も多いので背中にきび ができにくい様に、丁寧に洗い汚れをしっかり落とす事を心がけると良いでしょう。

edit

本当は気になっている背中にきび・・・。⇒⇒⇒にきび対策商品はコチラ





【スポンサードリンク】