背中にきびの跡と色素沈着


”お肌の露出も増えてきました”お肌をきちんとケアして、自慢できる背中に!!⇒⇒⇒手間はかけたくないけど、背中にきびを何とかしたい方はコチラ


にきび に悩む方は大変多いのですが、それと同じ位、にきび跡を治したいと望んでいる方は多く、これは顔のにきび跡はもちろんですが、背中にきび の にきび跡に関しても同様です。
にきび跡はアクネスカーとも呼ばれ、細菌の増殖によって炎症が起きた赤にきび以降の段階で形成されるものがほとんどで、特に膿を持った場合にこれをつぶしてしまうと にきび跡が皮膚に残りやすくなります。
この にきび跡は残りやすく、皮膚の表面の広範囲や深部にまで激しい炎症が及ぶと、一生残ってしまう事も少なくありません。

炎症が治まった後に組織が収縮すると陥没してクレーターの様な跡ができ、組織が肥大するとケロイドの様に盛り上がります。
背中にきびは自分で見にくいためにうっかりつぶしてしまったり、衣服による摩擦でつぶれてしまう事も多く、にきび跡が残りやすくなります。
また、にきび跡にできる色素沈着も にきび の後遺症と言えるものです。特に背中にきび の にきび跡は気がつかないうちに日に焼いてしまったり、にきび の炎症が治まった後のケアがされていなかったりしますので、とても にきび跡が残りやすいのです。
背中にきび ができてしまった場合は、顔用の にきび専用薬を使って治療し、シミになる危険性があるのでつぶさない様に注意し、できるだけ日に焼かない様した方が良いでしょう。

edit

本当は気になっている背中にきび・・・。⇒⇒⇒にきび対策商品はコチラ





【スポンサードリンク】