背中にきびと活性酸素


”お肌の露出も増えてきました”お肌をきちんとケアして、自慢できる背中に!!⇒⇒⇒手間はかけたくないけど、背中にきびを何とかしたい方はコチラ


最近では活性酸素が肌に与えるダメージについてよく取り上げられていますが、活性酸素とは、他の細胞を酸化させてしまう不安定な酸素分子の事を言います。酸化とは不安定な酸素分子が結びつく事で物質が変質してしまう事ですが、例えば、古くなった硬貨を放っておくと黒ずんでしまうとか、柔軟性のあるゴムホースわ長い間放置して硬くなり、それを折り曲げようとすると裂けてしまうといった現象です。この様に酸化されると物質は弱くなったり傷みやすくなったり、壊れやすくなったりしてしまいます。これと同様に毛穴に詰まった皮脂が酸化されると周囲の細胞を傷つけ、皮膚の再生機能を低下させてしまいます。

また、にきびや背中にきびの発症に大変関係が深いアクネ菌が分泌するポルフィリンと言う物質も酸化をもたらす要因になり炎症を引き起こしたり、細胞を破壊してしまいます。つまり、皮脂の酸化がにきびや背中にきびの発症や進行をもたらしているのであり、皮脂を酸化させてしまうのが活性酸素なのです。活性酸素は飲酒や喫煙によっても発生しやすくなりますので、普段から「ほどほど」を心がけ、たばこの吸いすぎや深酒には注意しましょう。特ににきびや背中にきびが悪化している時は炎症を助長してしまいますのでお勧めできません。

edit

本当は気になっている背中にきび・・・。⇒⇒⇒にきび対策商品はコチラ





【スポンサードリンク】