背中にきびとストレス


”お肌の露出も増えてきました”お肌をきちんとケアして、自慢できる背中に!!⇒⇒⇒手間はかけたくないけど、背中にきびを何とかしたい方はコチラ


にきびや背中にきびをはじめ肌トラブルにストレスが関係している事は少なくありません。心配事や悩み事を抱えてイライラした状態を続けていると肌があれたり、爪の健康が損なわれたり、円形脱毛症になってしまったりする場合もあるのです。爪や髪も皮膚細胞が変化したものですから、不安定な精神状態がその様な事態を招く事もあるのです。ストレス状態が長く続くと性ホルモンや成長ホルモンの分泌が抑制されてしまい、これによりにきびや背中にきびができやすくなり、皮膚の潤いや弾力を保つ機能が低下したり角質異常を招く事につながるのです。

この様なストレス状態はアダルトにきび(大人のにきび)の重要な要因になっているのではないかと言われ、職場や家庭内の中で抱える様々なストレスが自分でも気がつかないうちに積み重なって自律神経や内分泌系の働きに影響を与えた結果、アダルトにきびなどの肌トラブルを引き起こしてしまうと言う風に考えられているのです。どの様な状態がどの位続けば強いストレスになるのか?と言う事は人によって大変異なり、(肌荒れやにきびや背中にきび事態をストレスと感じている人もいます。)肌トラブルやにきびや背中にきびとの関係を科学的に証明する事は難しいようですが、一人一人が自分に合った方法でストレス解消をはかる事がにきびや背中にきびなどの改善につながるのではないでしょうか。

edit

本当は気になっている背中にきび・・・。⇒⇒⇒にきび対策商品はコチラ





【スポンサードリンク】