背中にきびと食習慣


”お肌の露出も増えてきました”お肌をきちんとケアして、自慢できる背中に!!⇒⇒⇒手間はかけたくないけど、背中にきびを何とかしたい方はコチラ


にきびや背中にきびが食べ物によって悪くなる事は一般的に知られていますが、チョコレートやコーヒー、ココアのような刺激物や、アイスクリーム、ケーキ、バター、チーズ、スナック菓子など糖分や脂肪分の多い食べ物は皮脂の材料になるためで、過剰な脂肪分や糖分の摂取によって皮脂の分泌量が増えてしまうために起こります。また、脂肪分や糖分は、皮脂の性質を変化させて皮脂を皮膚の外に排出しにくくしてしまう事もわかっています。これは、毛穴に皮脂が詰まる原因になります。この他に菓子類の食べすぎは肥満の原因にもつながりますので注意して下さい。

気分転換として少しおやつをつまむ程度なら問題はあまり無いようです。ですが、菓子類はカロリーが高く腹持ちが良いのでこれだけで満腹感を得る事ができてしうので、きちんとして食事が摂れ中ったりする場合も多くなってしまうので食べる時間や量は充分に注意して下さい。栄養のバランスが偏ると皮膚の健康も保てなくなってしまうのは当然と言えば当然な事です。近年ではホルモンのバランスが乱れる思春期を過ぎてもにきびや背中にきびに悩む人が増加傾向にあるのですが、その要因の1つとして偏った食生活が非常に大きな関わりを持っています。一日30品目と言われる様に色々な成分をまんべんなく摂取する事が食生活の基本なのです。基本的なスキンケアやにきびや背中にきびの治療とあわせて栄養の面からも(身体の内側から)治していく事は大変重要な事なのです。食事からバランスよく摂取する事が難しい場合のは、サプリメントも1つの方法です。最近では、色々な種類の物が市販されていますので食事の合間などに手軽に摂取出来る様になっています。

edit

本当は気になっている背中にきび・・・。⇒⇒⇒にきび対策商品はコチラ





【スポンサードリンク】