背中にきびと睡眠


”お肌の露出も増えてきました”お肌をきちんとケアして、自慢できる背中に!!⇒⇒⇒手間はかけたくないけど、背中にきびを何とかしたい方はコチラ


仕事で帰宅が遅かったり、インターネットやテレビを楽しんでいたりとその理由は様々ですが、現代人は夜更かしの傾向にある様です。睡眠不足や睡眠のリズムの乱れはにきびや背中にきびの原因になります。副交感神経が優位になっている睡眠中は皮膚細胞の働きが活発になり、昼間蓄積されたダメージを修復します。睡眠が不十分だとこうした修復が上手くいかずターンオーバーのリズムが乱れてしまい新しい細胞が未熟なまま表皮となるので健康な角質層が形成されにくくなります。このため、古い角質がはがれにくく毛穴の詰まりの原因になってしまうのです。

ですから、できれば5~6時間程度の睡眠をとるように心がけ、更に眠りのリズムを一定に保つ事も大切です。眠る時間がバラバラだと身体は混乱しターンオーバーのリズムを乱してしまいます。できるだけ決まった時間に布団に入る様に心がけ、にきびや背中にきびを予防しましょう。

edit

本当は気になっている背中にきび・・・。⇒⇒⇒にきび対策商品はコチラ





【スポンサードリンク】