背中にきびと薬


”お肌の露出も増えてきました”お肌をきちんとケアして、自慢できる背中に!!⇒⇒⇒手間はかけたくないけど、背中にきびを何とかしたい方はコチラ


丁寧に石鹸で背中にきびや体を洗った後は、消炎効果のある保護クリームをつけたり、顔用のにきび専用薬を使って背中にきびの治療を行うと良いでしょう。にきび跡になってシミが残ってしまう場合がありますので、つぶさない様に注意して下さい。背中にきびができている時は表皮のバリア機能も落ちている場合が多いので油っぽいのに乾燥している。ザラザラする。など肌が硬く弾力に欠けると感じる事がある様です。

この場合には、油分を含んだ保湿剤が効果的な場合もあります。ですから、その様な時にはコメドを誘発しにくい油分で構成されている保湿剤を選ぶと良いのですが、背中にきびが炎症を起こしている場合には外用薬を使用する場合もあるので、その際のスキンケアは背中にきびを悪化させず治療をサポートしてくれるものでなければいけません。専門の医師に相談される事をお勧めします。

edit

本当は気になっている背中にきび・・・。⇒⇒⇒にきび対策商品はコチラ





【スポンサードリンク】